Don't look back in Underground

ドントルックバックインアングラ~ THE ZAKKI BLOG

【科学】人間拡張の最前線!『スーパーヒューマン誕生! 人間はSFを超える』

 

こんにちは。

以前、成毛眞氏のSTEAMを取り扱った著作を紹介した。この記事で紹介する本も実は『AI時代の人生戦略』でおすすめされていたうちのひとつだ。

『スーパーヒューマン誕生! 人間はSFを超える』/稲見 昌彦

 

スーパーヒューマン誕生! 人間はSFを超える (NHK出版新書)

スーパーヒューマン誕生! 人間はSFを超える (NHK出版新書)

 

 

このタイトルのキャッチ—さが伝わるだろうか。タイトルだけでわくわくしてこないだろうか。この分野に疎い人が見れば詐欺だと思うかもしれない。

しかし科学はこれを実現可能にするだろう。その証明の一端がこの本に記されている。

 

著者の稲見氏は人間拡張工学を専門とする研究者である。

人間拡張といわれてもピンとこない方もいるだろう。

この本の言葉をそのまま引用するならばこういう定義となる。

「簡単にいえば機器や情報システムを用いて、人間がもともと持っている運動機能や感覚を拡張することで工学的にスーパーマンをつくりだすことだ。」

ちまたではAIが話題にあがることが多いが、こんなに魅力的なトピックが潜んでいるのだ。

そんなわけで本の中で挙げられている例のうちの2つをとりあげてみようと思う。

 

1.光学迷彩(Optical Camouflage)

こちらは著者の稲見氏の研究成果のひとつである。本人いわく、転機となった出来事だとのべている。

動画があるのでご覧いただきたい。原理や応用は動画を見てもらったら分かるだろう

この研究は、SF作家である士郎正宗の代表作『攻殻機動隊』からヒントを得てつくりあげられたそうだ。稲見氏はこの出来事から「SFなどエンタテイメントと研究は相互作用がある」ことに気がついたという。

これもある意味でSTEAMのA(Art)が必要だというひとつの根拠になりうるかもしれない。

 

2.ブレイン・マシン・インターフェース          (brain-machine interface)

むずかしい言葉をつかってみたが、この研究は簡単にいってしまえば「念力」のことである。とはいえオカルトチックな話ではない。しかしサイエンスを用いれば「念力」と同じことができるようになるかもしれない。

米国ニューヨーク州立大学のジョン・チュイピン教授らがネズミを使って行った実験である。

①まずはじめにレバーを押すと水がもらえるロボットアームを使用し、ネズミにレバーを押せば水を飲めることを学習させた。

②次にレバーを操作するほんの少しまえに発火する脳の神経細胞から信号を検出して、その神経細胞が発火した時に送られる脳信号をもとにロボットアームがうごき、水が飲めるようにプログラムを組んだ。

するとなにがおこったのだろうか?

ネズミはしばらく、足でレバーを押して水を飲んでいたが、やがて足を動かさなくても頭で考えるだけで、ロボットアームがうごくことに気づくようになったのだ。

本来ネズミにはロボットアームをうごかすための神経伝達のしくみを持たない。もちろん人間だってそうだ。

つまり私がこの研究から感じたのは、ネズミにロボットアームのうごかしかたを教えるための実験だったのだということだ。ネズミにできるのであれば人間ならばもっとスムーズに行えることだろう。

個人的に感動したのは研究そのものではなかったが、問題解決のプロセスが垣間見えたので興奮してしまった。

大したことないと感じてしまう人もいるかもしれないが、実はこの実験1997年に行われたものなのだ。

ここから20年どのような進化が見られているのか、これからどのような進歩していくのか…非常にたのしみである。

 

他にもたくさんの研究がとりあげられている。

人間拡張工学のみならず人間の認知能力や定義そのものまで考えさせてくれるもりだくさんな本になっている。

最後にWebでも体験できるおもしろいリンクを貼っておく。時間があればこちらも体験してみてほしい。

Visual Haptics

Illusion Forum

【日常】在宅学習をしている子供達をオンラインゲーム(PUBG)を通して知った日。

こんにちは、予想通り朝にプロテインを飲み忘れて一人「だらしねぇ…」と呟くハードボイルド・ニートのTonyだよ!

朝からランニングして、図書館に行って、今からジムなんだ。こういう日は大体泥のように眠るよ、だからそうならないうちに今記事を書いてるって感じだね。ちょっと今日はいつもと違って真面目な雰囲気だよ。本題の文面がいつもと少し違うのは普段のノリで書くのは良くないと思ったんだ。普段のお馬鹿なゆるい記事はまた次にあげるね‼︎

 

本題に入ろう。

今日俺は図書館での勉強(Tonyは去年から通信制兼授業参加型の予備校に通っているんだ。来年も予備校になりそうで焦ってるよ)の休憩時間に今流行りのPUBGっていうオンラインゲームでスクワッドっていう無作為に4人でチーム組んでプレイするモードをやっていたんだけど、一緒に遊んでいた麦君(もちろん仮名だよ)って名前のユーザーが小学生6年生だったのだ(こういう割と過激なゲーム俺が子供の頃は親がさせてくれなかったからたまげたよ、時代は変わるんだね)。でも今日は平日だし、学校やってるだろうになんでだろうと思いながらやってたら、他のプレイヤーさんが「学校無いの?」って聞いたんだ。そうすると彼は特に気にする素振りも見せずに

麦君(以下麦)「行ってないんですよ僕、自分の学びたい事は自分で調べてるんで。あ、勉強とは関係ないけどこれについても自分で調べてやってますよ」

って話し始めたんだ。

最初から声が子供なのに小学生らしくない感じの言動が多かったけど、俺は驚いた。どうやらもう一人の会話に参加していない子もそうらしく、麦君曰く、「学校はいじめっ子がいるし、先生が嫌い」と言っていた。

俺は傷を抉らない程度に話が聞けないか相談してみたところ、彼は快諾してくれた。

俺「麦君、いじめってどんな事されるの?」

麦「真面目に勉強してるのに馬鹿にしてくるし、意味のわからないこと言われるんです」

俺「ああ、理不尽だね、いじめ自体理不尽の塊で悪なんだけども」

麦「先生は何が問題なの?」

俺「クラスメイトの何人かをえこひいきしてるんです」

俺「よくそんな言葉知ってるな…俺は中学で知ったよ(俺が知らなかっただけかもしれない)」

麦「平等じゃないんです」

俺「おじさんが(年齢言うのもアレだからおじさんにした)小6の時もえこひいきが酷いし、授業を2日間丸投げした先生がいてね、というか担任だったんだけど、教卓でコーヒー飲みながら不貞腐れてたよ。税金泥棒ってあだ名がついたんだ」

麦「税金泥棒?」

俺「お母さんに聞くなり調べたが良いよ(変な入れ知恵はやめよう)」

俺「自宅学習ってどんな?」

麦「学校から届くプリントとか、自分の好きなことについて調べてるんです」

とこんな感じだった。

その後、彼とフレンド登録をして割とありきたりな会話をしながらプレイした。結構子供苦手だから、ぎこちない会話だったかもしれない。

頭の回転が早く、そこら辺の中学生よりもかしこまった喋り方という点を除いて彼はどこにでもいるような感受性豊かな子供だった。

 

彼と話しているうちに在宅学習をしている子供で数年前に話題になった中島芭旺(バオ)君を思い出した。彼等も同じかどうかはわからないが近いタイプなのかもしれない。

バオ君についてはここのブログを参照してほしい。

 

バオ君について書いてあるブログ

中島芭旺(バオ)くんとは!?学校へ行かず自宅学習を選ぶ9歳児

バオ君本人のブログ

中島芭旺オフィシャルブログ「見てる、知ってる、考えてる」Powered by Ameba

 

勉強したい子が楽しく勉強出来ないような、または友達と遊びたくても遊べないような環境の学校は今いくつあるのだろう。多分学校があるだけあるのだとは個人的に思ってる。俺も小6の時、上述した担任が結構めちゃくちゃな人で周りにも理不尽な奴が多かったから、二週間学校に行かずに家にずっと居たことがあったんだ。もっとも俺は麦君とその友達やバオ君みたいに勉強らしい勉強したりはせず、粘土で遊んだり、絵を描いたりして過ごしたんだけど。

勉強したいとは思わなかったけど、俺は親友が何人かいたから学校に行きたいって本当は思ってたよ。

学校に行きたい子が行けないっていう現状は、いつになれば終わるのだろう。

尾木直樹氏(尾木ママ)の新書、『子ども格差』を読んだり、いじめに関する本を数冊読んだりしたが、どこに移動しても、どの環境に置かれてもいじめは消えないのだろう。

さかなクンさんも近い事を言っていた。

たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。せまい水槽(すいそう)に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃(こうげき)し始めたのです。けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。

出展:『朝日新聞デジタル いじめられている君へ(2006年12月2日掲載)』

朝日新聞デジタル:いじめられている君へ - 教育

いじめは本当に理不尽で大人の社会とか子供の社会とかそういった枠組みを超えた存在で何処にでもあるが一番必要の無いものだ。

ええ?「少しくらいさ、いじめられた方が良いんだよ、精神的に鍛えられるだろ」だって?

ふざけてんじゃないよ‼︎お前がそうだったからってみんながみんな鍛えられてるわけないだろうが‼︎自ら死を選んだ子達は何を鍛えられたって言うんだよ、自尊心を徹底的に踏みにじられて、したいことも出来ずに親よりも先に死んでいった子供やその親、家族に言えることか?

そんな事は人に言ってはいけないんだよ、絶対に。

 

俺も過去に何度も被害に遭ったし、その度に何かと悩まされた。一年半くらい前にマンゴーアイス買いにコンビニ行っただけでカツアゲされかけたしね。←この事についてはまた今度書くよ。

今後、地球が老いて爆発するまでいじめは無くならないかもしれない。でも、不登校という言葉が消える日はもしかしたら近づいてるのではないかと(アメリカでは在宅学習をホームスクーリングと呼んでおり、今増えてきている)俺は麦君の話を聞いて思った。

 

今回は少し暗い話題だし、変なとこで熱くなってしまって申し訳ないです。在宅学習についてよく考えたら具体的に知らないから何か参考になるようなものを読んでみようかなと思うよ。

バオ君の本とか。

見てる、知ってる、考えてる

見てる、知ってる、考えてる

 

記事を書いてるうちにこんな時間になってしまった、ジムに行かねば…ではでは。

f:id:Anthony_jr:20180711191824j:image

おまけ

小学生の間で何が流行ってるか、どんな事をしているのか聞いてみた。

俺「今さ、小学生って何が流行ってるの?」

麦「そうですねぇ、マイクラ(マインクラフト)とか、タブレット持ってる子多いですから結構やってますよ」

俺「YouTuberとかしてる子いる?」

麦「ああ、お父さんとしてる子がいますね、商品紹介、ゲーム実況とかしてます」

俺「妖怪ウォッチは?流行ってる?」

麦「ああ、もう終わってますね…」

 

今の小学生恐るべしだな…。麦君はお小遣いを貯めて自分のパソコンを買いたいらしい。パソコンでPUBGしてる子も多いとか。

最近あんまり売れてないとは思っていたけど、妖怪ウォッチレベルファイブ頑張れ…コマさん好きだよ…。

【日常】カナル型イヤホンのイヤーピース(ゴムの部分)が無くなる・無くす人に捧げる話。

おはよう、最近朝のプロテインを飲み忘れる事が多い気がするTonyだよ!

ここに書いておけば忘れない気がするから書いたんだけど、どうだろう。明日の俺はしっかりプロテインを飲めてるかな?多分飲めてなかったらまた戒めのように書くんだろうね!

 

カッコいい感じ(本人はカッコいいと強く思っている)のタイトルになってしまったけどなんて事ない話だし、真面目に考察するものでもないから暇潰しに読んでくれると嬉しいよ。

 

本題に入ろう。

気が付いたらカナル型イヤホンのゴムの部分、"正式名称:イヤーピース"が無くなっている人。

多分この世界の3割くらいの人はこの事について悩まされていると思ってるんだけど、どうだろう。Tonyもその中の一人で、『EVA:Earpiece Victims Association(イヤーピース犠牲者の会)』の会員なんだ。

※会員は未だ俺1人だけだから募集中だよ、紛失して頭を抱えて1人で悲しくなってるそこの貴方、急いでこのブログにご連絡を!紅茶を飲んだり、楽しくお話しよう。

何故、無くなってると思う?

ポケットから乱雑に出してポロっと落としちゃったから?

片耳だけイヤホンをつけてもう片側をブラブラさせてたから?

バックの中に適当に突っ込んでるから?

理由は色々あると考えられると思うよ。

一応社会のタグを付けといたのは、小さな社会問題だと思ったからさ。

 

俺はEVAの(必然的に)代表として新しい説を提唱したい。

f:id:Anthony_jr:20180709213013j:image

オーソドックスなノーム人形みたいになった…。Tony作

小人がイヤーピースを盗んでいる説を‼︎

ああ、今ブラウザバックしようとしただろ?

わかる、わかるよ、「折角ここまで読んだのになんでこんなに頭がお花畑な考えしか書かないんだ、俺は真面目な話かと思って読んだのに」

って思ってるだろ?

しかし、思い出して欲しい。俺はこの記事の上の方で散々注意したはずだぞ、「暇潰し程度に見て」と。

こういうとこでしか逆に書けないじゃない、こういう事、だからこそ書くんだよ。生身で人に会って話してる時にこういう事言って許してもらえる年齢って、目に見えないお友達がいたり、サンタクロースを信じているくらいの歳までだと思うんだ。時々、俺はその年齢を無視してこういう話を普通に外でもしてしまうんだけども。因みにまだ少しサンタさんがいるって信じてるよ。多分ウルトラマンも居るし、ピクミンだってきっと居るよ。

 

「じゃあ聞くけど、なんで小人は私達の大事なイヤーピースを持ってくの?」って?

うんうん、それについては深く考えたよ。

多分ヤツらの中には、採った(いや、盗った?)イヤーピースの食感がやみつきでイヤーピースを食べてるヤツもいるだろうし、カラフルな色に惹かれてコレクションしているヤツもいると思う。でも一番俺が考えられると思うのは、通貨のような存在ではないかって事だ。ボタンとかよく無くならない?そう、あれだよ。あれも通貨のような存在になってるんだと思う。個人的はボタンの方が価値ありそうだけどさ、柄がついてたり、銀色だったり、金色だったり、貝殻から作られたものもある。←母親が裁縫好きで余ったボタンを貰ってコレクションしていた時期が昔あったんだ。

最初はボタンから始まったんじゃないかな、でもボタンの必要のない服やボタンの数が少ない服も増えて来たからボタンが前より手に入れにくくなって、カナル型イヤホンが流行りだした数年前からこっちが主流になったんじゃないかって事だ。

そうなると「ふーん、じゃあ何を取り引きしてるんだよ?言ってみろよ!」って人もいると思う。この記事の序盤で馬鹿馬鹿しいと思いながらも何だかんだここまで読んじゃった君に感謝するよ、愛を感じるね。

何を取り引きしてるかについては、家畜にしている鼠や小鳥、虫の取り引きとか、食べ物と交換してるんじゃないかなって考えてる。逆にイヤーピース目的の連中もいるだろうね。彼らも我々の社会と同じで少しずつ進歩してるんじゃないかな。若干遅れてるかもしれないけど。

 

以上が俺の考察だよ。ここまで読んでくれてありがとう。この事に興味を持ってくれた人はいるかな?

さっきも少し書いたけど、今のところEVAも小人研究学も俺だけでやってる。一人じゃ退屈だし、色々な考え方があった方が良いから、一緒にやってくれる人を大募集中だよ。

フィンランドのトントゥやスマーフ、歯の妖精に興味がある人も大歓迎!

みんなの参加待ってるよ!

ではでは。

 

おまけ

昨日これを外で書いてたら、帰り道イヤーピースをまた一つ失った…。

イヤーピースの予備が100個くらい入ったやつとかコストコに売ってないかねぇ…。

【非日常】同性から受けるセクハラを体験した話を気持ち明るめに書く。

おはよう!、雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ、大雨特別警報の中ランニングをして少し風邪気味なTonyだよ!

晴れて暑いのは嫌だけど、雨は雨でまたジメジメして参っちゃうよね、車の運転中にフロントガラスにナメクジが2、3匹付いてた時は驚いたな、キャアキャア騒ぎながらワイパーブンブン動かしちゃって大変だったよ。

 

本題に入ろう。

今回は普段の日常枠ではなく、非日常枠でお話したい。非日常枠では俺の経験したおかしな話、変わった人との交流をお話しようと思っているよ。

今回は最近起きた出来事を一つ。

 

みんなはセクハラを受けたことがあるかい?

俺の入っていた大学には有名なOBのO氏という熊にそっくりな人が居るのだけど、彼がなかなかの曲者なのだ。

何故かというと、後輩を可愛がる先輩ではあるのだが、セクハラが凄い。しかも男女関係無しに。とんでもない"セクハラ・ベア"である。そこを除けばそんなに悪い人では無いのだけれど、そこの印象が強くて大抵の人はO氏を見るとそそくさと逃げる。俺も向こう側が気づいて居ない限りは例外では無かった。

ひと月前ごろからだろうか、彼からの「カラオケに行こうよ」というLINEがやたらと来るようになった。大学の友達A(O氏にどちらかが誘われた際は毎回二人で行くようにしている)も同様、LINEが来ていたらしい。

「在学中は断りづらかったけど卒業したんだし、有耶無耶にしてしまおうや」とAと話し合ったのだが、運が悪い事に別の用事で大学に行った際、O氏が元々所属した部活動のイベントの関係で足を運んでいた所に遭遇。大学に来て15分足らずで帰れなくなってしまった。Aも同様、他部のイベントを観に行っていた時に遭遇。俺より先に捕まっていた。

この時既にAから「すまん、Oに捕まったわ、どうしよ」とLINEが来ていたのだが、悲しい哉、森田公一とトップギャランの青春時代を聴きながら懐かしき大学時代に想いを馳せ(まだ一年も経っていないのに)、学内を歩いていた俺にはその通知に気付かなかった。

結局、「せっかく会えたんだ!カラオケに行こう!」と言われ、断る間も無く二人とも連れてかれた。

カラオケの部屋に着くとお得意のセクハラが始まった。何故か思い出したかのようにニヤニヤしながら急にAの手を握ろうとする。基本的にセクハラ・ベアは女子から狙う。やはりそこは男なんだなと毎回思う。しかし、Aは強い。

「ええ?なんで握ろうとすんの!」とピシャリと言い放つ。だからこそ毎回来れるのだと思う。

すると彼はニヤニヤしながら、「なんでダメなんだよぉう、ひどぉい」と少し高めの声で言うのだ(何かに似てると思ったら、あれだ。デルトラ・クエストの魔女テーガンの息子達に似てるんだ)。

お気付きだと思うが、彼は生粋のマゾヒストだ。なんでもご褒美、もう何でも。

(ここまで読んでて既に気持ち悪い人はブラウザをそっと閉じるなり、Googleで「可愛い猫」って調べると良いよ、URL貼っとくね。可愛い猫 - Google 検索

こっからがハードなんだが、上のやり取りをしていた二人を気にしつつスガ シカオの"NOBODY KNOWS"を歌っていた俺だが、Aに相手にされなかったOの矛先は俺に向いた。残念な事に俺はAほど肝が座ってない。俺が歌い終えた後、Oは俺の隣に座りさっきと同じ表情で俺の手を握り「ねぇTony、Aが酷い事言うんだぁ」と言いながら肩に頭を置いて来る。おいおいホントに誰でも良いんだなこの人。

どうしようもなく、「えー、もっとこう、控えめに接したらどうでしょうかね、うん」と震えながら話す。

すると彼は急に俺のズボンの裾を急にまくり始め、靴下をじっと見つめるとおもむろに口を開いた。

「Tonyは靴下臭い?」

そう彼は、子供が「お酒って美味しい?」と親に聞くように、友人宅で聴いたことのないバンドのCDを片手に「このバンドの曲カッコいい?」と友人に聞くように、俺に靴下が臭いかどうか聞いて来た。さもそれが普通の会話であるかのように。俺も変態紳士だと自負していたが、これは流石に戦闘力が桁違いだった、フリーザ超えてるぞこりゃ。パンチが強すぎて半笑いだった。

↑この前、Holidayが蚊に関する記事書いてたけど、足の臭いを好むのは蚊だけじゃないって事だね!

【実験】摩擦熱で虫刺されの腫れは消せるのか?! - Don't look back in Underground

 

話を戻そう。

「ああ、どうでしょうねぇ、自分じゃわからなくないですか?」なんて訳のわからない返事をしてしまった。Aは俺を尻目にノリノリでボカロの曲を歌っていた。助けておくれよ、A…。

その後O氏から「臭い靴下の匂いを嗅ぐのが性癖なんだ」と聞かされた。詳しく聞いてみると在学中に色んな人の靴下を嗅いだらしく、時にはお金を払って嗅いだらしい。

「で、どうなの?靴下?」

急に話を戻すO氏。俺はすごくイヤな気分だった。勘弁してくれと思いながら、

「ああ、2万でどうです?」

と諦めてくれるであろう金額で交渉に入った。

するとO氏は眉間に皺を寄せ、

「その額なら女の子に頼むよ」

と言った。そりゃそうだろな、俺もお断りだよ。

幸いAが歌い終え、O氏の歌う番が回って来てこの話は有耶無耶になったのだけど、その後2時間程O氏に抱きつかれる、手を握られる等のセクハラを受けた。どれも靴下の下りよりはマシに感じた。こっちはまだマシだとかこっちの方が酷いとかセクハラに対する格付けみたいなのが出来ている俺の価値観は明らかにおかしくなっている。今書いていて再認識しているよ。

帰りにO氏を見送った後、Aにさっき遭った事を話すと「うわ、それ本当だったんだ、最悪じゃん」と言われた。いやいや、知ってるなら先に教えてくれよ…。

 

さぁ、ここまで必死に耐えて読んでくれたみんな、本当にありがとう。もう遅いだろうけど、エチケット袋を一応、貼っておくね。

セクハラってのは受けた人がセクハラと思ったらそれはセクハラだと聞いたよ。だからこれはれっきとしたセクハラだと思う。実際、経験して思った事は、気分が悪いのはもちろんのこと、セクハラって割と「No!」と言えない状況で生じること多いみたいだから、された後の気持ちはすごい複雑だね。はっきりと断れたら良かったのにとか後悔が残る。とにかく嫌な気分だよ。

 

皆もセクハラ・ベアやまだ見ぬ不愉快な仲間達には十分に気を付けるんだ、そして出来れば、周りと協力してお互いを守ろう。アウトドア・ニートとのお約束だ。

非日常枠、初回から飛ばしまくりの約3000字だったけど、次回はもっとライトに読みやすい文章でいけたらなと思うよ。運が良いのか悪いのか、こういう事はよく起こるからネタには困らないんだ。

胸焼けしそうな話だっただろう?何か美味しいものを食べながら癒し系の音楽を聴いて可愛い猫の画像とか見たらいいと思う。俺は今からそうするよ!

また読んでくれると嬉しいな、ではでは…。

 

おまけ

スガ シカオの"NOBODY KNOWS"

スガ シカオ(SUGA SHIKAO) / NOBODY KNOWS - YouTube

"XXXHOLiC"好きな友達から薦められて聴いてからスガ シカオを聴くようになった。お洒落〜。